外国為替市場は24時間取引可能である

外国為替市場は眠らないけど「取引時間」はFX業者によって異なる?

外国為替市場は他の金融市場と異なり、24時間必ず世界中のどこかの国にて取引が行なわれています。当然時差を考慮しますが土日を除いては基本的には常に24時間の取引ができます。もし、複数の外国為替取引を持っている方なら、取引する外為の種類によって、時間を区切りながら取引を行なっていらっしゃるのではないでしょうか?例えば、午前には豪ドルで取引を行ない、午後はポンド、夜には米ドルと言ったように。これは世界中で取引が出来るという事を実感できるエピソードですよね。特に「世界3大市場」と呼ばれているのが、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場で、各取引時間には世界中から多くの取引が飛び交う事が知られています。

これが株式市場なら、事情が変わってきます。日本の取引なら国内でしか取引が出来ず、取引時間も9時~11時と12時30分~15時までと非常に短い時間ですし、24時間取引可能な外国為替と比べると窮屈に思ってしまうかもしれません。

しかし、24時間取引可能だからそこの注意点も存在します。まず、アメリカではサマータイムが導入されていますので、その季節の前後には1時間の時間の変動がありますので、そこは注意しなければいけません。世界を相手に取引を行なえるという事は、年間を通して月ごとに取引の活性度合いや特色があるのも、気をつけたい部分です。取引量が多くなる時期だと、当たり前のようにチャートの変動も多くなりますし、いつもより気が抜けない事も挙げられます。

外国為替市場は、このように24時間取引を行なう事が可能ですから、取引業者が一方的に取引できる時間を制限したり、取引時間が異なったりする事はありません。月曜日から金曜日いっぱいまで取引が可能です。ただ、システムメンテナンスを行なう義務があるので、土日にメンテナンスを行なう業者以外ですと、平日の時間帯で24時間通しでの取引が出来ないところもあるようです。FX業者を選ぶ前にはその確認が必要だと思います。