FXの仕組で少ない資金で大きな取引を得る

FXの仕組みは「為替差益」少ない資金で大きな取引を得る事が可能

個人投資家にとってFX取引の魅力とは「少ない資金で大きく利益を出せる」の一言ではないでしょうか。少ない資金で取引が出来る事は、参入しやすい事が言えるでしょう。一方で「ハイリスクハイリターン」とも言えます。

先ほど「少ない資金で大きく利益を出せる事」がFX取引の魅力だとお話しましたが、その仕組みは「為替差益」によって成り立っています。為替差益とは、為替レートの変動を利用して得られる利益の事で、例えば、米ドルを1ドル100円で購入し、為替レートが1ドル120円となった時点で売れば1ドルにつき20円の利益を得た事になります。これが為替差益の仕組みです。

為替差益を利用して利益を得る為には、2つの方法があります。一つは「安い時に買って高くなったら売る」という方法。もう一つが「高い時に売って安くなったら買う方法」です。手法は真逆ですが、結果としては同じです。また、為替レートが円高でも円安であっても、この2つの手法だけで利益を出す事が可能です。

また、FX取引には「保証金」という制度があります。この制度のお陰で少ない資金でも取引ができるようになるのです。たとえば1万米ドル分を購入しようとした場合、為替レートが1ドル120円であれば、120万円の資金が必要になってきます。ところがFX取引の場合には、1万米ドルを購入時に少額の「保証金」を支払えば、1万米ドルを購入して取引する事ができるのです。事前に120万円を用意する必要がないのです。保証金の最低額はFX業者によって異なりますが、たとえば1万ドルを取引するのに必要な保証金額は10万円程で済みます。つまり、10万円を担保に、FX取引に必要な資金を借りる事になります。このように保証金制度で少ない資金で大きな取引が始められる様になるのです。

しかし、利益が出るという事は、損失が出る可能性もあります。その確率は各々50%ですが、仕組みがこのように単純に見えるため、勝率が高そうに見えますが、為替レートを冷静に読みながら、分析して取引することが重要になってきます。