外為取引での利益に関する確定申告の仕方

外国為替取引で利益が出たら申告しましょう!確定申告の仕方

外国為替取引で利益が出始めると頭をよぎるのが「税金」の二文字ではないでしょうか?課税対象になるは年間の雑所得合計が20万円以上と国が定めていますので、申告漏れや脱税など判明した場合には罰則が科せられる事があります。損失は出したくないものですが、利益も出れば色々な手続きに手間取ったり大変です。しかしこれを乗り越えなければせっかくの苦労も台無しです。ここで外為取引で得た利益部分の確定申告の仕方を簡単ですが紹介したいと思います。

まず、外為取引の税金制度はとても面倒で税率自体が高いという事は良く聞きます。国内業者FXと海外業者FXでは税金の区分が異なるのもややこしいのです。まず国内業者FXで得た利益「申告分離課税」となり、一般的な所得とは区別されており「先物取引に係る雑所得等」になります。申告分離課税では、利益の多少に関わらず一律20%が課せられます。

さらに面倒なのが海外業者FXで得たものでしょう。この場合の利益は「雑所得」として扱われ、給与収入やその他種類の収入と合わせた「総合課税」という種別で課税されます。つまり、本業と副業の収入をあわせた額で課税されるのですね。さらに「総合課税」は、年収により税率が変動して税が課せられます。例えば、年収が195万円以下の場合は15%の課税で済みますが、年収が上がる毎に課税率が増え、最大年収が1,800万円超ですと50%の課税になってしまいます。このように年収が低い方は課税率も低いですが、年収が増える毎に課税率も高くなります。本業の給与収入が多い人や、FX多額の利益を出した方ほど、どうしても損に感じてしまいます。また、国内業者FXと海外業者FXの両方で取引があり、利益が出た場合は、それぞれの税区分に基づいて正しく申告を行なわなければいけません。

しかし、取られるばかりではありません。損失した場合に活用できる申告もあります。これは国内FX取引の場合に限りますが、損失が出た場合、翌年に繰越することが出来るというものです。一例として、年間に100万円の損失が出た場合、翌年に損失を繰り越すことが出来ます。翌年に70万の利益が出たとしても、前年から100万円の損失が繰越されているので、これと合算する事により、翌年の利益は0円(マイナス30万円という認識)となりますので課税されないというワケなのです。これは確定申告を行なう事が大前提ですが、最大3年まで損失は繰り越せるので、知っておくと非常に役立つ制度であると言えます。損失が出てしまった場合に備えて覚えておくと良いでしょう。

このほかにも必要経費や売買手数料、通信費などの控除の申告がありますが、それぞれに計上の仕方が変わってきます。申告はとても煩雑かと思いますが、申告漏れのないように外為取引に関わる領収書類などを日々保管・整理しておくようにしましょう。