FX取引成功への道は「分析と忍耐」にあり

失敗してもへこたれない!FX取引成功への道は「分析と忍耐」にあり

利益ばかり出せているのなら良いのですが、思いがけず損失を出してしまって、立ち直れない・・・。出来る事なら、避けて通りたいものですが、FX取引を行なっていれば、損失は誰でも通る道だと思います。さて、FX取引では、約8割の人が失敗すると言われています。予想上に失敗されている方が多いのですね。気軽に始められる分、失敗も多いという事なのでしょうか?いずれにしてもあまり良い結果ではないと言えます。

失敗してもいつかは利益が出したいと思った方、成功の鍵なんてあるのか?と思った方、こればっかりは王道というものがなかなか言えないのです。しかし、成功に繋がる道はあるかもしれません。それはズバリ「分析と忍耐」です。何をスポーツ選手みたいな事をと、半分呆れている方もいるのかもしれませんが、実際この2つがジワジワと聞いてくるのです。

取引に関して、初めは失敗してしまう事もあるでしょう。それは当然です。なぜなら、取引に関する知識浅いですし、経験値ももちろん少ないのが原因です。そこから、取引に関する勉強を重ね、実際の取引で経験値を重ねていけば、利益を出し続ける事が可能になると思うのです。しかし、気軽な取引が出来てしまうFXでは、ついついこんな取引を続けてしまう方が多いようです。例えば、チャートを良く見ずに、自分の感と運だけを当てにして取引してしまうとか、損切りのタイミングが計れなかったり。また、チャートも複数見比べる事なく、自分の思い込みで大きな流れの変化を見落としていたり。とにかくこれらは勉強でカバーできる部分もありますが、いずれの失敗も自分の失敗を省みない事にあります。つまり、なぜ負けたのか?あるいは、勝てた場合の分析を怠っているのです。その日の取引勝敗を記録して分析する事で、結果と原因が見えてくる事もあります。その上で、事前に勝率の高くなるルールや法則を確立することが出来れば、例え負けたとしても、大きな損害を出す事はないでしょう。

また、FX取引は常に忍耐力が必要になってきます。その点では魚釣りと同じと言えば伝わるでしょうか?取引には判断力と分析力がもちろん必要ですが、自分が望むレートをひたすら待つ事や勝敗を分けるギリギリのせめぎ合いの判断を下す際には、結局のところ、内なる自分との戦いなのではないでしょうか?

このように確実に勝てる王道はありませんが、勝利に近づける道はあります。失敗は誰にでもありますが、ヘコたれる事はありません。まずは、この2つを極める所からはじめてみませんか。