自動売買のメリット・デメリットを考える

通貨トレードはこれで全部おまかせ?自動売買のメリット・デメリット

既にFX取引を行なっている方なら、自動売買(システムトレード)に関心があったり、もしくは既に導入している方もいるでしょうか。最近は専門的な投資知識を持たない初心者やプログラミングスキルが乏しい方を対象にFX業者が提供しているものです。導入する事で素人でも手軽にプロの技術を取り入れて運用が出来るので、利用者も順次増えているようです。また、自分でプログラミングする事が出来る上級者では、自分の投資スタイルに合わせて売買ルールのカスタマイズが出来るので、息の長い取引を行いたい方には、使い勝手を良くしてみるのはオススメでしょう。このように、一般的にPCを動かすだけで利益が出るというイメージがある自動売買システムですが、もちろんメリットとデメリットがあるはずですから、それについて考えてみました。

自動売買システムを導入する場合のメリットは、なんと言っても投資の経験が浅い方にとって簡単にプロのスキルを利用できるという事でしょう。自分の投資スタイルに合わせて、いくつかの投資戦略プログラム準備し容易に入れ替える事も可能です。とにかく一日中画面を見ていなくても売買はできますから、極端な話で言うと寝ているだけでも利益は出るでしょう。副業で運用している方はこの利点を利用して、ある程度自動売買システムに任せていたりもするでしょう。

しかし、システムに任せっきりにする事は、投資者本人に肝心の投資知識が身につかないままというデメリットがあるでしょう。これでは、勘と運に頼ってしまう事とそう違いはないようにも思えます。また、実際にリアルで取引を行なっている者からすれば、自動売買システム一辺倒では、経済や為替相場を研究しながら投資する楽しさが味わえないと思えるかもしれません。

相場が安定している時は、自動売買運用だけでも利益が出せるでしょう。何かのきっかけで相場が急変動した時に、プログラムの想定外であれば、売り買いのタイミングを外し損失を出す可能性や想定外の約定が設定される可能性があります。また、外部原因で起こるサーバダウンやPCやインターネット回線の不調の際には、手動で対応しなければならず、取引の重要なタイムロスにも繋がるでしょう。

このように自動売買システムは、本人が不在でも運用可能なシステムですが、便利すぎるゆえに、トラブルが発生時には、自動回避が不可であったり、手動で修正しなければいけないデメリットがあります。このようなデメリットを防ぐ為にも、システム任せにせずに定期的な運用状況の確認を怠らないなど、対策を考えるべきでしょう。