豪ドル円取引は初心者でも利益を出せるのか

豪ドル円トレードは初心者でも安心?投資のタイミングを見極める方法

日本円はあらゆる通貨の中で低金利の通貨として知られていますが、反対に豪ドルは高金利通貨である事が知られています。高金利といえば、たいてい新興国の通貨であることが多いのですが、それはリスクが大きい事が理由に上げられます。

しかし、オーストラリアと言う先進国で高金利というのは珍しいのではないでしょうか。それは、オーストラリアは先進国で有りながら豊富な資源の保有国である事が一因に挙げられます。これからも高い経済発展が望める可能がありますので、強い通貨になる事が期待できるでしょう。このように、豪ドルというのは高金利通貨の中では安心して買う事ができると言えます。

さて、FX初心者にとって豪ドル円は扱いやすいものなのでしょうか?FX取引経験のある方ならご存知だと思いますが、FXで出る利益は2つあり、一つは「スワップポイント」による利益。これは取引する通貨ペアの政策金利の差により利益が生じるものでした。例えると外貨預金などあればで高金利通貨で預金をして利回りを良くするのと同じです。もう一つは、為替レートの変動による為替差益です。豪ドル円の場合は、買い状態を保つによってスワップポイントが貯まりますので、為替差益はこの場合0でも特に影響はありません。

もちろん、現状が円安であれば、為替差益を狙いながらスワップポイントも狙えますが、ハイレバレッジで買った場合、円高変動の際には損を出してしまうリスクがあります。ですから、ハイレバレッジを期待せずに、スワップポイントの分だけプラスになるように利益を確保していくことができれば、為替レートの変動によって損をする事もないでしょう。

具体的にはどのような方法が良いのでしょうか?思い切って買いのみというスタンスで行きましょう。テクニカル指標が買いサインを出せば買い、できるだけ長くそれを保有します。このときに損失を拡大させないようにしなければいけません。事前にある水準まで決めておき、そこに達したら一度ポジションを閉じましょう。タイミングとしては、上昇相場であれば開始した時のレートになったときです。当然、為替差益は出ませんが、スワップポイントが利益を出してくれるので問題はありません。

このように、初心者が豪ドル円を扱うときには、長期投資が扱いやすいと思います。為替差益は期待できませんが、レートの変動によって損をしなければ良いという取引スタンスであるなら、充分利益確保は可能でしょう。